8556.jp

株式会社八意 やごころ YagocoroInc,

エベレストx8556(ノワール)冷温水サーバーをお求めいただいたお客様へ

この度は エベレストx8556(ノワール)をお求めいただき、誠にありがとうございます。
このページではお客様からいただきましたご質問への回答、また弊社よりご連絡したい事項をご連絡申し上げます。
ご参照の上、ご不明な点等ございましたら、 是非お知らせくださいませ。→info@8556.jp
弊社製品がお客様のお役に立てましたら幸いです。

また、ウォーターサーバーは、精密家電です。
 1年以上お使いいただけます場合は、衛生のみならず安全のために1年に1度の専門業者による点検をお勧めしております。

ご使用済台や返送台についてのお願い

・廃棄や回収をご希望のお客様はこちらからご連絡ください。
・本製品はフロンを含みますので、個別に廃棄される場合は充分にご注意ください。
・不具合のあった商品の返送をしていただく場合は、不具合の再現検査をし、今後の改良に必要な調査を致しますので、
 しっかりと梱包していただけますようお願い致します。ご参照資料:梱包の仕方(半A式)

取扱説明書及びクイックスタートガイドの改訂について

お客様の声をいただき、取扱説明書等の一部を改訂、補足しております。

※エベレストサーバーには、フラットタイプとカップホルダータイプがあります。
 いずれのタイプの取扱説明書にも、図解につきましては、「フラットパネル」を用いての説明をしております。

※補足としてのお知らせ(本体の電源プラグが →2本足のお客様 ・ →3本足とアダプターのお客様>)

※現在の最新版(→A5サイズ)  改訂箇所について(→A4サイズ

※上記リンクでPDFを表示またはダウンロードします。PDFの閲覧には無料の閲覧ソフト「Adobe Reader」が必要です。→アドビ社のダウンロードページへ

ご確認ください

ご利用の前には、かならず取扱説明書を十分にご確認ください。わかりにくい部分等ございましたら、是非お知らせくださいませ。

お受取りの際について

商品は基本的に、宅配業者様に委託してのお届けとなります。
大切な商品として慎重な取扱をお願いしておりますが
横向きに配送された、外箱が破損された状態で配送された、などの場合は
移送の衝撃により内部機能が壊れている可能性がありますので
その場で宅配業者様から販売元様(=お水の販売店様など)へ
ご連絡を入れていただけるようお願い致します。

とりあえず受け取ってしまわれた後で故障がわかった場合など、
症状によってはお客様のご使用による故障と判断せざるを得ない場合がございます。

商品お受取りの後、他所へ移送されます場合は必ず事前に動作確認をして
正常に動作することを確かめてください。
移送後、異常が発生した場合は
商品の初期不良としてはご対応致しかねますので、移送業者へご相談ください。

開梱時のご注意について

本商品は重さがありますため、怪我などないよう十分にご注意くださいませ。
お届けしましたダンボールが一体型の場合は、下側から開いていただけますと
取り出し易いですが、横倒れにならないよう、十分ご注意ください。

また、開梱の為に一時的に横たわらせた場合は、(長時間の横置きは故障の原因になります。)
垂直に戻した後、電源を入れる前に
十分な時間(6時間以上)を置いてから、設置作業を行ってください。

お水のボトルを挿す「前」のご注意について

本サーバーは、お客様ご自身でお手入れしていただけることを長所とした
セルフメンテナンスサーバーです。
出荷前に十分なチェックをしておりますが、
万が一の不具合などあった場合のために、事前の確認をお願いしております。

【ご使用前に各パーツの状態をご確認くださいませ。】
また、ご使用前に必ず、冷水タンクを取り外しタンク中を洗浄してください。
(ご契約いただいた会社によっては初期洗浄をサービスしている場合がございます。
 この場合も各パーツのご確認をいただけますようお願い致します。)


外観
 ※パネルの割れやまがりなど配送によるダメージがないか。
 ※配送のダメージがあった場合は、外観のみならず、
  水冷機能などが壊れている可能性があります。

ドライガードシステム(冷水タンクの外蓋のようなもの。外すと青い浮きがついています。)
 ※設置の向きにご注意ください。(水が出てこない原因になります。Frontという文字が手前。)
 ※しっかりと密閉されているか

フィルター(ドライガードシステムの上。青い小さなキャップの中の白いメッシュ)
 ※フィルターは完全に乾いた状態でご利用ください(水が出てこない原因になります。)

ボトル差込ピン(灰色の突起のある部分。ドライガードシステムの真ん中。)
 ※2度目以降にお使いの場合、中栓残りなどないか。
  (ボトルを正しく設置していただくと、中栓残りにはなりません。)

水冷タンク
 ※青いシリコンキャップしっかりがついているか。
 ※内蓋が正しくついているか。
 ※通水管がふさがった状態になっていないか。
 ※B管とC管にシリコンキャップ(筒状)がしっかりハマっているか。
 ※お客様のご契約内容によっては米粒のようなペレット2袋が入っています。
  これはお水の清潔を保つものですので、捨てないでください。

ドレンコック(温水を吐き出す出口)
 ※赤い中栓がしっかり閉じているか。
 ※白い上蓋がしっかりしまっているか。

取水レバー(銀色のハンドルのようなところ)
 ※奥までしっかり、まっすぐに差し込めているか

ボトルアジャスター(黒いゴムのようなシリコンの輪っか)
 ※重いボトルを支えてぐらつきや水漏れなどを防ぎます。
 ※ボトルを挿す前にサーバーの上に乗せてください。 




お水が出にくい時・出ない時


次のような場合はタンクから水を吸い上げられなくなることがあります。
水の出が悪い時は、一度確認してください。

□エアフィルタ(青いキャップの中の白い不織布)が完全に乾いていない。
□ボトルの空気圧が下がりすぎている。(ボトルが凹んだ状態になっていませんか)
 ※冷水タンクの水を半分くらいに減らしてから、再度取水をしてみてください。
□ドライガードシステムが正しく設置されていない(向きにご注意ください)
□水冷タンクの内蓋が正しく設置されていない(タンクの管と内蓋の管がずれていませんか)
□水冷タンクの管がつまっている(※)
 ※栄養分の高いお水をご利用の場合は、バイオフィルムが発生しやすくなります。
  こまめにお手入れいただけますようお願い致します。
□ドライガードシステムのシリコンパッキンが経年劣化で痩せている。
□冷水タンクの押し込みが十分でなく、本体蓋などがすこし浮いている。

温水のレバーから水が出にくい時は、何度か繰り返しレバーを下げていただくと通水できます。
それでも通水が上手くできない場合は、一旦ボトルをまっすぐに引き上げ
タンク内に空気を送ってからレバーを何度か押して通水を確認してください。
タンクの水量を減らしてから再度ボトルをまっすぐに設置し、
レバーを何度か押して、取水が出来るか確認してください。

※本品はポリカーボネイト製のガロンボトルのご利用を前提とした商品ですが、
 日本製の特殊なPET素材のガロンボトルにもお使いいただけます。
 しかしながら、ご利用のボトルがやわらかいペットボトルタイプのものは、
 ボトル内の空気圧が低くなり、水が出にくくなる場合がございます。



電源を入れる前のご注意について

必ず、各ボトルの使い方をご確認の上、飲料水の入った専用ボトルをまっすぐに設置し、
温水と冷水のそれぞれのレバーを押して水が出ることを確かめ
タンクに水の入った状態で通電してください。
お水が出にくい場合は、こちらをご確認ください。

水のない状態で通電しますと、安全のために加熱機能にロックがかかり、温水が常温になります。
温水が常温になった場合は、こちらをご確認ください。

また、電源の入・切を短時間で繰り返しますと、本体の通電機能にロックがかかります。
一度コンセントを抜いた場合は、5分ほど間を空けてから、再度電源を入れるようにしてください。

安全のための仕様でありますため、どうぞご了解くださいませ。

雷や夜間メンテナンスなどでブレーカーが落ちた場合も
一度コンセントを抜き、5分ほど間を空けてから、再度電源を入れてください。



お客様ご自身のお手入れについて

エベレスト(ノワール)サーバーは
お客様ご自身で冷水タンクをお手入れしていただけるセルフメンテナンスサーバーです。

衛生のために冷水タンクを取り出して洗えますが、
温水タンクは常に高温加熱されているため、衛生状態を保っており
やけどなどの危険の可能性もある為、取り外しなどはしないでください。
温水タンクをお手入れをしたい場合は、販売店にご相談くださいませ。

背面の黒い網の部分は冷却するためのガスが通る管になっております。
取り外すと故障の原因になりますので
背面のネジ(銀色・3つ)は外さずにお手入れください。
ホコリが気になる場合は、毛の細いはたきなどでお手入れください。

また、非加熱天然水など特殊なお水をご利用の場合は
出来るだけ早く飲みきり、
通常よりも頻繁にお手入れいただけますようお願い致します。

冷水タンクの取り外しについて

まずは取扱説明書を十分にご確認の上、必ずサーバー内に水のない状態で作業をしてください。
温水は熱く、かなりの量が勢い良く出ますので、
十分に冷ましてから大きな容器をご準備の上、排水してください。

黒い上蓋は、開蓋ロックを押しながら手前から奥側へと持ち上げてください。
取水レバー(ハンドル)を温水・冷水ともに内部のクリップを開きながら引き抜き、
タンクの上方についている白いロック(耳)を左右に広げながら持ち上げてください。
指などを挟まないよう十分ご注意くださいませ。
取り出しにくい場合は、ドライガードシステムを先に外してから、持ち上げてください。

漏水防止のために、非常に固く取り付けてあります。
お怪我のないように十分ご注意ください。



故障かな?と思ったら


【ご注意ください!】
煙が出たり、焦げ臭いニオイがしたら、まずは電源を切って、コンセントを抜いてください。
その際、濡れた手でコンセントなど触らないようご注意ください。
また、お水を入れたまま常温で長く置くとニオイ、故障等の原因になりますので
2日以上使用されない場合はお水を抜いて、使用再開の際には冷水タンクをご洗浄ください。

お問合せをいただく場合、下記のことを確認させていただきます。
事前にご準備くださいませ。

また、販売店様を通してお買い求めいただいた商品については、
弊社判断にて即時の交換対応出来ない場合がございますのでご了承くださいませ。
※症状等と併せて販売店様へご相談いただけますようお願い致します。

■製品についてのご確認
 □お買い求めいただいた販売店様
 □本体後ろ下側についているシリアル番号(銀色のシールにある3から始まる7桁。)
 □ご使用期間(到着してすぐ、お水を○本くらい交換した後、等)
 □症状が出始めた期間と通常に使用できた期間

■設置時のご確認
 □商品お受取りの際に、箱が破れたり、本体が割れたりしていませんでしたか。
 □設置前に、取扱説明書をお読みいただけましたか
 □設置場所は標高300m以下ですか
 □45度以上傾けて長時間置かれたことはございませんか
 □ご使用前に6時間以上、平らに置いていただけましたか
 □電源を入れる前に、通水作業をしていただけましたか
 □お水のボトルが空になった後、取水を続けておられませんか
 □サーバーの周りに十分な空間を空けていただいてますか(廃熱のため)
 □背面の網に埃がついたり、物がひっついていたりしてませんか
 □氷点下以下の寒い場所や極端に暑い場所、直射日光の当たる場所などで設置されていませんか

■コンセントについてのご確認
 □アース線は、つけていただいてますか
  (線がコンセントまで届かない場合は、お近くの電器店様にご相談ください。)
 □一度コンセントを抜いた後、もういちどつなぐ前に、5分間置いていただけましたか
 □ビルの夜間メンテナンスや、雷による停電・ブレーカー落ちなどありませんでしたか

■ランプおよび動作音のご確認
 □背面の温水スイッチはONになってますか(赤いマークは見えますか)
 □取水口の青いLEDは点いてますか
 □動作音は聞こえますか

■その他のご確認
 □取水機能不良の場合、各チェック項目をご確認いただけましたか。
 □冷水機能不良の場合、各チェック項目をご確認いただけましたか。
 □温水機能不良の場合、各チェック項目をご確認いただけましたか。

冷水が冷えない、冷えなくなった時

次の点をご確認ください
 □電源を一度抜いて、5分後、もう一度挿し直す。
 □30分後、コップに2杯目を汲んで確認する。
 それでも改善しない場合は ↓
 □一旦お水のボトルを(真っ直ぐに)抜き、冷水タンクの状態を確認。
  ・青いシリコンキャップが外れていないか
  ・内蓋(バッフル)がずれたりしていないか
 □背面の冷水温度調節ダイヤルを右に10度ずつ回して様子を見る。
  (マイナスドライバーをお使いください)
 □電源を一晩抜いて、翌日、もう一度挿し直す。

温水が出なくなった時

まず初めに、背面下側の温水電源がONになっているかご確認ください。
赤いマークが見えている状態になっています。
電源をONにして解決の場合は、以下の作業は不要です。

以下の原因で、安全装置が働いて、温水を加熱する機能にロックがかりることがあります。
・温水タンク内に水がないのに通電された時
・ボトルの水がほとんど空になったのに取水し続けた時
・外的環境などの影響で、温水タンク内の温度が極端にあがった時
・サーバー本体の周りに物があったり、埃が詰まったりして、十分に廃熱できなかった時
・標高300m以上でご使用の時(※この場合は設置場所をご変更ください) など
 
このような場合は、以下の手順で本体内部のリセット(手動復帰)スイッチを押してください。

■手順
(プラスドライバーをご用意ください)(分解自体は15分ほどの作業です。)

1.温水電源をOFFにし、コンセントを抜く
 ↓
2.お水のボトルを抜く
 ↓
3.ドリップトレイ(コップ受け皿)を外す
 ↓   ※手前にひっぱるような感じです。
4.フロントパネル上部中央のネジを(ひとつ)外して、フロントパネルを外す
 ↓   ※手前に倒すような感じです。
5.左側サイドパネルのネジを外す(前と後ろふたつ)
 ↓
6.上フタを開ける(ロック部を押さえながら)
 ↓
7.左側サイドパネルを外す
 ↓   ※両手で真上に持ち上げるような感じにします。
8.リセットスイッチを押す
 ↓   ※ドライバーの先などで本体側に向かって押し込んでください。
    ※灰色のシリコンカバーがついております。
    ※製品ロットによっては、樹脂製保護カバーを外してください。
9.逆の手順で元に戻す
 ↓
10.お水のボトルを挿し、水が出るまで温水レバーを押す
 ↓
11.電源を入れる。一度コンセントを抜いた場合は、5分後にもう一度コンセントに挿す。
 ↓
12.30分後、紙コップ1杯(180cc)を取水して温水がになっているか確認する

お水のニオイについて

本品は、可能な限りコストを抑えて作ることで現在のご提供価格を維持しております。
リザーバー(冷水)タンクをプラスチック素材で作る事自体もその工夫の一つです。

プラスチックという素材の性質上、どうしても使い始めに(特にお湯のご使用の際に)
強めの臭いがする場合があります。
一般的には、しばらくお使いいただくうちに気にならない程度になります。
ご使用前に食器用洗剤と柔らかいスポンジなどでご洗浄いただき、よく乾かしていただくことで
初期のニオイがより早く軽減することもあります。

それでも、プラスチック臭に対して、どうしても敏感で気になる方もおられると思いますので
その場合は申し訳ございませんが、
素材自体がステンレスになっているようなタイプの別のサーバーをお勧め致します。

また、ニオイの原因はタンクに起因するものに限定できない場合がございます。
(お水のボトルを交換していただくことで改善する場合もございます。)
とは言えパーツ自体の個体差もあり、パーツ交換すべき場合もあるかと存じますので、
その場合はどうぞ販売店様にご相談くださいませ。

また、お手入れをされずにご使用を続けられますと、
タンク内にニオイの原因が発生することもありますので
ご使用の途中からニオイが気になった時は、一度お手入れいただけますようお願い致します。